オランダワーキングホリデー取得③戸籍謄本の翻訳

オランダ生活
この記事は約3分で読めます。

戸籍謄本の翻訳をお願いするためにハーグという街にやってきました。

戸籍謄本はビザの申請では必要ありません。
あとあと知ったんですが、これはすぐ必要はなくて、BSNナンバー取るときに必要になるそうです。
BSNナンバーとは日本でいうマイナンバーみたいなものらしいです。なので、ビザの申請が終わった後にBSNナンバー取得の準備を始めても問題ありませんでした。

このBSNナンバーがあれば銀行が開設できます!

ハーグの日本大使館に行くと、翻訳その日にはできないので、一週間後に引き取りに来ないといけません。
※郵送はしてくれません。

Japanse ambassade
Tobias Asserlaan 5, 2517 KC Den Haag, Netherlands
+31 70 346 9544
https://goo.gl/maps/DZ8Dmc3qYbn1yNfj7

Japanse ambassade
★★★★☆ · Embassy · Tobias Asserlaan 5

一週間後、再びハーグの日本大使館に行ってそのあと、外務省に行きます。外務省に行ってリーガリゼーション認証(この翻訳が正しいものです?)をとる必要があるみたいです。

外務省での受付が午前中までなので、朝一9時に日本大使館に行きました。

外務省はハーグ中央駅の前にあるので迷うことはないと思います。
とか言いたいのですが、、、迷いました。
携帯のSIMを買ってなかったという言い訳もあるんですが、全然違う建物に入って行きました。。。

下記の写真が入り口です。
ここに入って、係の人に「リーガリゼーション」って言えば案内してくれます。
番号札を印刷機から出してくれるので、電光掲示板にその番号が表示されるまで待ちます。
呼ばれたら、日本大使館でお願いした翻訳を渡しまた待ちます。
2020年11月末に行った時は空いていたのか20分くらいで終わりました。

Ministry of Foreign Affairs
Rijnstraat 8, 2515 XP Den Haag, Netherlands
+31 70 348 6486
https://goo.gl/maps/i8SZm2BtXvUsoTiv9

Ministry of Foreign Affairs
★★★★☆ · Government office · Rijnstraat 8

アムステルダムからハーグまで往復約24ユーロが2回、
翻訳してもらうだけで約6,000円もするなんで、思わぬ出費です。

始めは家が決まってなければ、ハーグに滞在するのもおすすめです!都会なので買い物にも困りません。
また今度、泊まったホテルや食べたもの、行ったところなどを書きたいと思います。

次回は指紋認証しにいったことなど書きたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました